mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2005.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2005.12≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.02 Mon
三鷹天命反転住宅
甘栗さんと行ってきました。
割と近所で、前々からものすごく気になる外観ではあった。

三鷹天命反転住宅
Google画像検索



そもそも、名前からしてよく分からない。


みたか 【三鷹】
東京都中部の市。区部に隣接する住宅地。井之頭公園(武蔵野市にまたがる)・国立天文台がある。近世、将軍の鷹狩り場であった。

てんめい 【天命】
(1)生まれた時から定まっている運命。宿命。
(2)天から授けられた寿命。天寿。
(3)天の命令。天から与えられた使命。

はんてん 【反転】
(1)ころがること。ひっくりかえること。
(2)位置・動きの方向などが反対になること。また、反対にすること。
(3)写真で、陰画を陽画に、またその逆にすること。

じゅうたく 【住宅】
(1)人の住む家。すまい。すみか。
(2)居所を定めてそこに住むこと。すまいとすること。


芸術作品ではありますが、
一応、住宅ということで、住めるようになってます。
建築法?の基準も満たしているそうな。

お家賃は月17万円からナリ。
ショートステイも出来て、一週間で81000円。


ただ、一般的な住宅とは、まったくもって違います。


床が平面じゃない。
タンスなどは置けないため、フックにぶら下げて収納する。
球体の部屋がある。
梯子やポールが天井に向かって伸びてるが、伸びてるだけ。
部屋と部屋を区切るドアがない。
トイレにさえ、ドアはない。
使われている色は、原色系が多い。
角張ってたり丸かったり、統一感がない。
住居なのに、使用書がついてる。
でも、2LDK。



ここに住んでると価値観が変わっていくとのことですが、
そりゃそうだろうと納得してしまいました。
ああ、でも島で10泊キャンプした方が変わるかも。
その辺は、日常生活を崩せるかどうかの差だろうな~
この住宅は、外に出れば都市な訳だし。



受講したプログラムは、この住居をいろんな感覚で感じるものでした。
前でしゃべっている人の声が後ろから聞こえてきたり。
目隠しをしてあちこち歩いてみたり。
ああでも、他の参加者と比べて、順応速度は速かったみたい、僕。
あっけないほどすんなり受け入れられたので、ちょっと物足りなかったかな~
野外活動のプログラムの方が、ハードな気もするのよね。
比べられるものじゃないけど、さ。

でも、参加して楽しかったです。




同じ芸術家の作品で、「養老天命反転地」というものがあり、
こちらは公園なんだそうです。
住宅は、建築法で縛られているけど、公園はもっと自由に設計したらしい。
ちょっと行ってみたいかも。



Wikipediaより引用

1995年開園。荒川修作とマドリン・キンズのプロジェクトを実現させたもので、『極限で似るものの家』と『楕円形のフィールド』から成る。『楕円形のフィールド』には大小様々な日本列島があり、最大のものには24種の薬草が植えられ来園者に四季の変化を楽しませている。

開園当初から非常にユニークなテーマ性が高く評価されてきた。『極限で似るものの家』は、建物内の机や壁・天井が上下左右を全く無視した場所に配置されており、視覚的な錯覚を体全体で楽しむ施設である。『楕円形のフィールド』は、日本列島をモチーフとした屋外施設だが、起伏に富んだ地面が不思議な感じに構成されており(通路の床面がいつのまにか壁面となる、など)、これも感覚の不安定さ・危うさを体全体で楽しむことを目的とした施設である。こうした日常生活では触れる機会の少ない錯覚感、不安定な感覚を体全体で味わうことにより、人間本来の感覚を再確認することを主要なテーマの一つとしている。

先述のように斜面や起伏が多く、転倒事故が起きる確率も高いので注意が必要である。運動靴で来園することが望ましいが開園当時、作品内で滑って怪我をした人が多数出たため、監視員が居るほか靴やヘルメットの貸し出しも行っている。

引用終わり




大小様々な日本列島ってw

場所は、岐阜県大垣市の近くなんよね~
幸いなことに、ツテはあるw

おでかけ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by あつし
養老ってうちから近いな(笑)

今度行ってみよー♪
2009.11.02 Mon 07:38 URL [ Edit ]
Posted by たぁ坊。
何度か行く企画立ててたんだけど、なかなか行けないんだよな~。雨降ったりで。

もし、先に行くことがあれば紹介するね。
2009.11.02 Mon 10:06 URL [ Edit ]
黒増 豊 Posted by
すげぇ家・・・

見るからにおちつかなそう家だね。

へレン・ケラーのために、って事みたいだけど
どこらへんが彼女のためなんだろう?(笑)
2009.11.02 Mon 21:40 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
>あつし
面白かったら連れてって♪

>たぁ坊。
お、知っとったか!
見るからに遊べそうよね。
あとアクアトトも行きたい。

>黒増 豊
それが、結構落ち着くのよ。
住む人間の気持ちだけでなく、住まれる住居の気持ちを考えたくなった。
視覚、聴覚、言語から得られる情報の、優位性が下がるとかそんな感じだと思う。
2009.11.02 Mon 23:13 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/996-ee2a76c8

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。