mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.12.11 Thu
砂糖に依存性とな?
砂糖に依存性あり、ラットで証明=米研究 - Reuters


ここから何が導き出せるのか、意味が良く分からん( ̄o ̄;)


この記事、鵜呑みに出来ないにも程があるので、全文引用します。


---
砂糖に依存性あり、ラットで証明=米研究

[シカゴ 10日 ロイター] ラットを使った研究で、一般的には既に広く認知されている「砂糖に依存性がある」ということが科学的に証明された。

 米プリンストン大のバート・ヘーベル氏は10日、アリゾナ州で行われた米神経精神薬理学会議で「砂糖の大量摂取は、薬物乱用と非常に似た作用を脳に与える可能性がある」と発表した。

 砂糖水を大量に与えたラットでは、薬物乱用時に人や動物に見られるのと似た行動や神経系統への変化が確認され、「禁断症状や、砂糖を非常に欲しがるような長期的な後遺症の兆候さえ示した」という。

---


どこが納得いかないかというと、この記事で断定されている「結論」です。

ラットを使った研究で、一般的には既に広く認知されている「砂糖に依存性がある」ということが科学的に証明された。

でも、発表されたのは、たかだか学会発表でしょ?
論文発表されたならまだしも、『科学的に証明された』って言い過ぎじゃないですかね。



また、発表された内容では、

砂糖の大量摂取は、薬物乱用と非常に似た作用を脳に与える可能性がある
禁断症状や、砂糖を非常に欲しがるような長期的な後遺症の兆候さえ示した

可能性だとか、兆候だとか、曖昧な表現です。
この研究者は断定などしていない訳で、それをこの記事書いた記者が勝手に断定文に変えてしまったようです。



『砂糖水を大量に与えたラットでは・・・』って言ってるけど、大量ってどのくらいなんでしょ?
何グラム以上が、大量にあたるんだか。
例えば、一日に砂糖10gなのか、100gなのか、1000gなのか。
そりゃ、どんな食べ物だって、過剰に摂取すれば、確実に何らかの影響を及ぼすはずです。
問題は、それが日常生活で起こりうるリスクかって事ですよ。


ああもう。
原文見ない事には、埒があかないね(-_-;)





と、言う訳で、英文ニュースを漁ってみた。

まずは、ロイターの原文。

Sugar can be addictive, at least in rats - Reuters


日本語に比べて、長いなぁ(^_^;)

実験の条件は、この辺りかな?

In one experiment, lab rats were fed a breakfast of sugar water after a nighttime fast for a period of three weeks.

3週間にわたり、朝食として砂糖水を与えたって事ですかね?
いかにも体に悪そうな(^_^;)





別の英文ニュースも見てみました。

Study Suggests Sugar May Be Addictive - MSN Health & Fitness

For the new research, rats were denied food for 12 hours a day, then were given access to food and sugar (25 percent glucose and 10 percent sucrose, similar to a soft drink) for 12 hours a day, for three to four weeks.


えーっと。
こんな感じか。

◇実験期間は3週間。
◇12時間断食させて、12時間砂糖水を与える。
◇砂糖水の濃度は、コカコーラやカルピスと同程度。



3週間、砂糖水しか与えてないって事??

それって、砂糖じゃなくても脳に異常を来すんじゃなかろうか・・・

ってか、砂糖水しか与えなくて、急に砂糖水を絶たれたら、そりゃストレスになるんじゃねーのか??


うーん、結局何がやりたいのか良く分からなかった。
(単に僕の英語能力不足の可能性もあるけどw)

未分類    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by と◎ま
でも生きるためのエネルギーなんだから
それに執着するような反応は当たり前なような気がしてならない。
2008.12.11 Thu 22:29 URL [ Edit ]
Posted by なぉ凡
砂糖の依存性は聞いたことあるけど、実験ってみんなこんななんかな?自分で確かめたい気分になるね(^_^;)

余談、最近コンビニで買った新商品のストロベリーティーは原材料の最初が砂糖でした(笑)パッケージが可愛くて飲んでみたくなったんだけど、むちゃくちゃ甘かった(笑)
2008.12.11 Thu 23:48 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
>と◎ま
効率よくエネルギーに変えられるからね。
それを好んだほうが、生物として有利であったという説もあるよね。


>なぉ凡
実験のデータをどう解釈するかは、人それぞれなんだけど、
この記者の書き方だとかなり語弊がありそうな気がするんよ・・・
2008.12.15 Mon 01:41 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/869-4dd770cb

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。