mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.03.04 Tue
mixi利用規約改定
3/3、mixiの新規約が発表されました。(4/1から運用)
その中に、とんでもないコトが書かれていました。
流石にやばすぎるだろうと思ったら、案の定火消しを始めた様子です。


自分の日記がmixiのものになる? - ascii.jp
「mixi日記、無断書籍化はしない」――規約改定の意図をミクシィが説明 - ITmedia News



mixi新利用規約 <2008.03.03公表>
(以下抜粋)
第18条 日記等の情報の使用許諾等
1本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

(抜粋終わり)


利用規約改定に関するお知らせ(追記) 2008.03.04
(以下抜粋)
昨日お知らせいたしました 利用規約の改定 につきまして、『mixi』のサービス内にユーザーのみなさまが書き込まれる情報に関する取り扱いに関して多数のお問い合わせを頂戴いたしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

特にお問い合わせの多い【第18条 日記等の情報の使用許諾等】に関しまして、誤解を避けるため、当社が想定している具体的な使用について補足説明をさせていただきます。

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。

また、ユーザーのみなさまが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。


(抜粋終わり)



騒がれて問題となっているのは、この第18条です。
これを読むと、ユーザーの日記などの投稿を、mixiは自由に使うことができ、
さらにユーザーは著作者人格権をmixiに対して行使しないと解釈することができます。
(僕は著作権に関しては素人なので、間違っていたらゴメンナサイ。一応保険w)


もし、この条文がそのまま運用されると・・・
自分の書いた日記が、mixiに勝手に書籍化されてしまうかもしれない
と危惧されてしまったわけですね。


特に、著作者人格権を行使させないという約束はひどいです。


著作者人格権とは、例え他者に著作権を譲渡したとしても、
著作者が持ち続けることができるとされている権利です。
具体的には、公表権、氏名表示権、同一性保持権があります。


ここで、著作者人格権を行使しない事を約束させられると・・・

・公表権が行使できない
 →勝手に公表されても文句が言えない?

・氏名表示権が行使できない
 →自分が書いた文章なのに、自分の名前を表示できない?

・同一性保持権が行使できない
 →勝手に改変させられても、黙ってみてるだけ?



mixiの日記で、詩や小説を書いている人もいるでしょう。
オリジナルのイラストや、自分でとった写真、動画。


これらがみんな、「mixiのもの」になっちゃうかも・・・
まさにジャイアニズム。



幸い、冒頭に載せたとおり、mixiの公式コメントでこれらの心配は否定されました。
ただ、それは利用規約を誤解がないように(悪用できないように)変更してくれれば、の話ですが。

(というか、この規約をオープンにする前に、誰も疑問に思わなかったのだろうか。)


最大手のSNSとしての自覚をもって、
多くのユーザーが安心して利用できる規約を、是非定めてほしいものです。

mixi    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/661-9e0931b5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。