mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.11.17 Sat
about 猫舌
帰り着くまでの暇つぶしで書いてみる。

『猫舌』とは、熱い食べ物を苦手とする性質、またはその性質を持つ人の事を指す言葉です。
猫が猫舌なのは、元から熱い物を食べる習慣や必要性がないからで、訓練すればある程度は慣れるそうな。

かく言う僕も猫舌なんですが、それでは猫舌と猫舌でない人を分けているモノはなんなんでしょうか?
残念な事に、医学的見地からは、余り研究されておらず、有用な知見もあまり得られていないと言うのが現状なようです。
なんで治療法もはっきりしていないんだとか。


という訳で、猫舌に関しては医学は頼りになりません。そこで、自分自身の経験を元に、猫舌について考察してみました。


●限界温度について

結局食べれるかどうかを左右しているのは温度です。
猫舌はこの温度に酷く敏感な訳ですが、一口に「熱い食べ物」と言っても、幾つかの段階が存在するように思えます。


【許容温度】
料理にはある程度の暖かさが必要です。
この温度以下なら、熱すぎると感じる事なく味わえます。
これを越えると、熱さとの戦いになります。


【味覚検出限界温度】
温度が上昇すると、「熱い」という刺激が支配的になり、段々と味を感じなくなります。
この温度では、味は分からなくなり、ただ熱いだけになります。


【最大咀嚼可能温度】
熱いと感じつつも、なんとか我慢しながら食べる事は可能です。しかし、この温度に達すると、噛み砕く事が出来なくなります。
何故ならば、噛めば確実に火傷をするからです。
この温度以下なら、軽い火傷で済み、痛みも耐えられるのですが、痛みの限界に達すると、なるべく被害を最小限に食い止めるため、噛み砕かずただ耐えるのみになり、顎の動きが止まります。
水を口に含むことで、多少和らぐ事もあります。

【飲食不可能温度】
本気で限界の温度であり、食べ物と見なす事が出来ません。
泣くか吐くかです。




猫舌の人は猫舌でない人より、温度に対する感受性が豊かなので、これらの限界温度が低い傾向にあります。
では、その傾向を生み出している原因は何なのでしょうか?
●温度への感受性が豊かな原因とは?

猫舌の立場からは、猫舌でない人が何故平気で熱い食べ物を口に出来るのか、些か理解しがたいものがあります。
きっと、両者の間には決定的な違いが在るものと思われます。
それを、仮説として挙げてみたいと思います。


【熱さに弱い説】
ただ単純に、猫舌は熱さに弱く、同じ温度で、同じ刺激を受けても熱がるという説。
但し、僕の個人的感触では、猫舌の方が火傷しやすいように思えます。
だとすると、「同じ刺激」という部分は疑問です。


【火傷しやすい説】
同じ温度、同じ刺激でも、火傷しやすいのが猫舌という説。
これが本当なら、火傷しやすい部位が口腔内に限られているという事に違和感を感じます。
「猫舌だから手も火傷しやすい」というような話は聞いたこと無いですし。


【温点が多い説】
元々口腔内は温点(温度を感じる点)が少ないそうです。
手で持てないくらい熱い湯呑みでも、中のお茶を飲めるのは、そのお陰。
その、少ないはずの温点が多いのではないかという説。

ただ、これも、猫舌が火傷しやすい話が本当なら矛盾します。


【唾液が少ない説】
熱い物を食べると、唾液が多くでて、熱を緩和する機能があるそうです。
猫舌はその機能が上手く働いて居ないのではないかという説。

猫舌の人は唾液が少ないなんて話は聞いたこと無いですが、確かに僕は人より唾液が出ない気がします。

唾液が出にくいと、温度が下がりにくくて、火傷もしやすいということでしょうか?


【口内の皮膚が弱い説】
単純に、同じ刺激でもダメージを受けやすいという説。
一番分かりやすいけど、それが答えなら直しようがあるのでしょうか…




やっぱり結論は出ません。
ってか、駅着いちゃったし。
書くのを終わらせなきゃ。


この分野の研究が進む事を願います。
猫舌と遺伝の関係とか、同じ猫舌の人で、感受性はどの程度異なるのかとか、色々興味深いです。
一番は猫舌の克服方法だけどさ。

未分類    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by りんこ
唾液と温点がそれぽいね。
熱いものおいしく食べてても火傷はしてるから、火傷しやすい説はないなぁ
2007.11.19 Mon 13:18 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
火傷するのに美味しく食べられるってのが理解できん!
痛いじゃん!!
2007.11.20 Tue 00:10 URL [ Edit ]
Posted by りんこ
熱さより旨さが勝つ。
そしてあとから火傷に気づく
2007.11.21 Wed 23:46 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
じゃ、猫舌は敏感で感受性が豊か説で。
旨さが熱さに負けてしまうのよう!
2007.11.21 Wed 23:53 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/577-a1a52200

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。