mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.10.06 Sat
イグイグ
イグ・ノーベル賞、「牛の糞からバニラ」で邦人女性が受賞 - CNN.co.jp
牛フンで日本人女性イグ・ノーベル賞 - デイリースポーツonline

また日本人が受賞しました。
喜ばしい!

廃棄物の削減に繋がる上、コストが従来の半分で済むなら、
どんどん活用して欲しいなぁ。


さて、今年の受賞について思ったことなど突っ込み。


○化学賞:「牛糞からバニラの芳香成分vanillinの抽出」 牛の糞からバニラ香料成分の抽出に成功した、国立国際医療センター 研究所の医療生態学研究部の山本麻由氏に授与。壇上では、この抽出した香料を使ったアイスクリームが歴代のノーベル賞受賞者に配られた。
特製アイス、本物のノーベル賞受賞者にも食べさせたっていう所が面白い。
原料のことを思えば、感情的には避けたい気もするけど、
きちんと精製して不純物が混じらなければ同じ物なんだから、食べてみたいな。


○医学賞:「剣飲みとその副作用について」の研究で、英国グロスターシャー州の放射線医師ブライアン・ウィットコーム氏と、米国人協力者のダン・メイヤー氏に授与。世界的に有名な剣飲みのパーフォーマー、メイヤー氏が研究に協力し、3カ月間で約2000本の剣を飲んで、その際の生体反応について調査した。授賞式では、壇上でメイヤー氏が剣飲みの実演を行い、盛大な拍手を受けた。
そんなことしたら体に悪いはず。
でもそれはあくまで思い込みであって、実際に人体にどういう影響があるのか、科学的な知見は得られていない訳で。
3ヶ月に2000本って事は・・・大体1時間に1本か!
人体って不思議ね。


○物理学賞:「シーツの皺(しわ)のつき方について」研究した米ハーバード大学のラクシミナラヤナン・マハデバン氏と南米チリのエンリケ・セルダ氏に授与。
これも下らないんだけど、モデルの構築がすんげぇ難しそう。
どうやって計算するんだぁ??


○生物学賞:「寝床で一緒に眠り、ムズムズ感を引き起こすダニ、昆虫、クモ、シダ類、菌類の全統計調査」を実施したオランダのヨハンナ・ファン・ブロンズウィック博士に授与。
対策を講じる事が可能なら、結構役立ちそうかも。
にしても、正に知らぬが仏だな。
知ってしまったばっかりに、眠れなくなるって事になりかねん(^o^;)


○言語学賞:「ラットは日本語の逆さ言葉とオランダ語の逆さ言葉を聞き分けられない」ことを示したバルセロナ大学の研究チームに授与。
前提として、ラットは普通の日本語とオランダ語を聞き分けられるのでしょうか?
バルセロナ大学なんだから、スペイン語を題材にしたりはしなかったのかな?
オランダ語と日本語は似てないはずだけど、オランダ語由来の日本語も結構あったはず。
もっとかけ離れた言語だったら、どうなったでしょうか?
(例えば、ゾンカ語とリンガラ語とか)


○文学賞:「アルファベット順に並び替える際に、英語の定冠詞『the』によって引き起こされる混乱」について研究した、オーストラリア・ブルーマウンテンズのグレンダ・ブラウ氏に授与。
ああ~。
なんとなくこれは分かる。
例えばカラオケで洋楽をアーティスト名で探そうとすると、
「The」をつけて考えるのか、つけないで考えるのか、ちょっとした手間です。
面倒くさい混乱だよな。


○平和賞:「同性愛爆弾」を開発した米空軍ライト研究所に授与。この化学兵器は、敵の兵士間に広く、同性愛の感情の芽生えさせるという。
敵同士で!?
うーん。。。
ナンカスゴクコワイヘイキナキガスル。


○栄養学賞:「底がないスープ皿で自動的に給仕される場合における、人間の食欲の限界について」を研究した、コーネル大学のブライアン・ワンシンク氏に授与。
なんか、後一口、後一口くらいならっていうのを繰り返してると、
結局全部食べちゃったりするんだよなぁ。
例えば、お腹一杯でもう入らないって時でも、米粒一粒くらいなら入るでしょう。
それを繰り返していったら・・・って実験だよね、要は。
研究の成果を知りたいです。


○経済学賞:「銀行強盗を捕らえるネットの開発」で特許を取得した、台湾のクオ・チェン・シェ氏に授与。しかし、シェ氏の行方は数年前から分かっておらず、司会者は同氏についての情報提供を呼び掛けた。
行方不明!
実は彼自身がネットにとっつかまってたってオチじゃないよな?
それとも、銀行強盗界から危険人物扱いされて消されたとか。
銀行強盗界なんてものが存在するか知りませんけど。

で、どんなネットなんだか。
誤作動して一般人を捕獲しちゃったら、なんともイタイ話しだわ。


○航空学賞:「バイアグラに時差ぼけ解消の効果」があることを発見した、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにあるキルメス国立大学の研究者、パトリシア・アゴスティーノ氏とサンティアゴ・プラノ氏に授与。両氏は今年、男性の勃起(ぼっき)不全治療薬「バイアグラ」が時差ぼけの解消に有効だとする研究結果を発表し、話題となった。
元々は心臓の薬として開発されてたんじゃなかったっけ、バイアグラ。
心臓に、勃起不全に、時差ボケねぇ。

ひとつのクスリで、これだけの効能をもつなんてのは珍しいのでは?
ちょっと構造が知りたくなってきた。




以上、ざっとした感想でした。
時間があったら、一つ一つもっと詳しく調べてみたいけど。

未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/540-24474a90

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。