FC2ブログ
mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2019.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.12≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
2006.10.22 Sun
酔い止めすごい
今日、ボートダイビングのリトライ。リベンジ。再挑戦。


船の淵から後ろ向きでんぐり返りでドボーン。
(バックロールエントリーといいます。そのまんまですね。)



酔い止め飲んだら、全然船酔いしなかったです。


いつもなら胃に来る様な浮き沈みも、
「あぁ、揺れてるね」
ぐらいの余裕でした。


ちなみに、服用したのはアネロンニスキャップ

乗り物酔いの薬は、抗ヒスタミン薬と、
副交感神経遮断薬からなっているようです。



気になったので、ちょっくら成分を調べてみました

・マレイン酸フェニラミン
 抗ヒスタミン剤。

アミノ安息香酸エチル
 内服の場合、胃の粘膜の表面を麻ひさせ、吐き気、嘔吐を抑える。

・臭化水素酸スコポラミン
 抗コリン剤。自律神経の興奮を抑える。

無水カフェイン
 眠気防止??

ビタミンB6
 嘔吐を緩和する働きがある。


効きそうなのがいろいろ入ってました。
ただ、乗り物酔いは、気の持ちようの部分も大きいので、
プラセボ効果も大分あったものと思われます。

ダイビング    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
後ろ向き Posted by hiko
前々から不思議に思ってたのですが、後ろ向きにくるんって入るのはなぜですか?
2006.10.23 Mon 08:43 URL [ Edit ]
Posted by はるな
へぇー、ほんとすごいね。
私も船酔いが怖くて船に乗ったことないんだけど(高速フェリー除く)、
こういう薬があると思えば安心だ。
2006.10.23 Mon 09:36 URL [ Edit ]
だめ・・・ Posted by がんちゃん
船だけは乗り物酔いの薬も私には効かないの・・・市販のだけどね.
あの揺れは頭の中も体の中もグルグルしちゃう・・・
(ノД`)ハァ
2006.10.23 Mon 17:16 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
>hiko
僕も、教わるまでは不思議だったよ。
後ろ向きにくるんは、楽なんですよ。

・フィン(足ヒレ)があるから前転は厳しい。
・ボンベ背負ってるから、重心は後ろにある。
・船縁に座った状態から潜れる。

他にも、前向いて足を前後に大きく開いてザパーン(ジャイアントスライドいいます。)というのもあるけど、船だと後ろ向きでんぐり返りが楽だな~
慣れるまでは、スリル。


>はるな
僕も、船はずっと敬遠していたから、
必然的に酔い止めを飲む機会もなかったんで、
今回飲んでみて気持ち悪さがなくなってびっくりした。
前は、揺れる度に内蔵が持ち上がるような感触があったのに、
今回はそういうのも全然なくて。


>がんちゃん
じゃあ、島とかにはなかなか行けないねぇ。
今回、一応酔い止め以外にも対策はしたので、ちょっと紹介するね。

・前日は良く寝る
・消化の良いものを少し食べる
(満腹は×というのは分かると思うけど、実は空腹すぎても酔い易いらしい)
・油ものや、柑橘系は避ける
(どちらも消化が悪く、特に柑橘系は酸っぱさが吐き気を誘発しやすい)
・船は、真ん中が一番揺れなくて酔いにくい
・常に風に当たって新鮮な空気を吸い、遠く(進行方向)を見ている
(王道。)
・大丈夫だという自己暗示をかける
(酔い止めも、自己暗示的な部分はあると思う)
2006.10.23 Mon 22:18 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/238-2bb9bfb5

Top↑