mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2005.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2005.12≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.07.20 Wed
SCRAP加藤隆生さん対談(全日本プロトタイプ委員会)








Video streaming by Ustream

http://www.ustream.tv/recorded/15966887

面白かった。
ぐだぐだしてたけどw



物語の登場人物になることの面白さってのは、
ちっちゃい頃のごっこ遊びに繋がるんじゃないかと思うけど、
大人になっちゃうと、そんな経験なかなかないもんね。


あ、劇場人は別かも。
そう思うと、劇場ではちっちゃい頃から
生の舞台を通じて物語というものに触れてきたし、
自主活動を通じて物語を自分たちで作ってきたんだよね。
だから、SCRAPのイベントは劇場人にフィットするのかも~


いつまでたっても、机の引き出しはタイムマシンの入り口に繋がらないし、
空から女の子が降ってくることもないわけで。
そうだよね。世界救えたらカンタンだ。
自分の生まれてきた意味を至極当然に受け入れられるし。


大人になるにつれ、そうじゃないことが分かってくると、
本来持ってるはずの幼児性が隠れてしまう。
でも、それは消えた訳じゃないし、
寧ろ世の中のエンターテインメントって、
人が持ってる幼児性をくすぐるのが多い気がする。
リアル脱出ゲームは、自分たちが物語の登場人物に
なれるから、もろにくすぐるんだよね。
だから心から楽しめるんだろうな。
脱出すなわち開放。

普段は奥底にしまっていても、
偶には開放させないとだよね。
幼児性は、人生のスパイスだと思います。
いつも心にトロエッパを!




#ゆう帝が人狼村脱出に来てたってのはびっくりだー

#11月にかなり大きな脱出ゲームと言ってるのは、
 やはり舞浜なんすかねぇ・・・ なんにせよ楽しみだわ。

未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/1120-9ac925ba

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。