mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.12.18 Sat
オーランチオキトリウムで日本が産油国に?!
バイオ燃料:筑波大研究者、藻類から油抽出 沖縄で採取 - 毎日新聞
石油を作る藻類、生産効率10倍 筑波大が沖縄近海で発見 - 日本経済新聞
生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見 - 朝日新聞

情報は古いですが、これまでの経緯が分かります。↓
「“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん」 - イザ!(10.4.19)



ま○たんの日記で知ったけど、
これは凄いんじゃないか!?

なんでも、藻類の一種、「オーランチオキトリウム」に、
高い効率で石油同様の炭化水素を算出する性質が発見されたようです。


植物由来のエネルギーとしては、トウモロコシを利用したバイオエタノールが有名ですが、
これは食物を利用するので、世界でトウモロコシの奪い合いが起きる懸念がありました。
加えて、効率もあまり良くなかったそうです。(1haあたりの年間生産量0.2t)

それに対し、藻由来の炭化水素は、食料を圧迫することもなく、
高い効率での生産が可能と言われていました。(1haあたりの年間生産量140t!)
しかし、1Lあたり155円ものコストがかかり、
石油のコスト(1Lあたり50円)と比べると、実用化にはコストダウンが必要とされていました。


しかし、今回の発表では、従来に比べて10~12倍の炭化水素を生産可能で、
さらに生産コストも1Lあたり50円を下回るというのです。


仮に、この試算通りだとすれば、
1haあたりの年間生産量は1000tを超えます。
日本の年間石油輸入量が約2億tなので、
20万haの土地を、藻の培養プールに変えれば、
全てまかなえる計算になります。
(朝日新聞のネット記事では2万ヘクタールと報じていますが、どう考えても誤記。)


教授は、これを耕作放棄地(38万ha)を利用すれば良いと考えて居るみたい。
もしかしたら、以前水田だった土地が、油田として活躍する日も近いのかも知れません。

さらに、この藻が油を生産する時は、光合成ではなく、
水中の有機物を利用するのだとか。
この性質を利用すれば、水質浄化と石油産出と耕作放棄地の有効利用が一度に出来るかも?!

未分類    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by りょーすけ
すげぇ
20万haって40km×50kmか
山梨県ぐらいかなぁ

水中の有機物って元をたどればなんなんすかね

農家助かる、地方助かる、水質助かる、何か欠点はないんですかこれ。
2010.12.18 Sat 03:57 URL [ Edit ]
Posted by たぁ坊。
すげーな。
今はじめれば儲かるってことか??
まあ、土地ないけど・・・。
2010.12.18 Sat 11:33 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
>りょーすけ
山梨県、4465km2。結構広い。
東京都(2188km2)と同じくらいの広さかな。

水中の有機物ってのは、基本的に他の微生物だろうな。
または他の生物の廃棄物とか。
こういうニュース、欠点はあまり書いてないんだよね。
まぁトウモロコシ由来のバイオエタノールよりかは、
数百倍マシだと思う。。


>たぁ坊。
もともと海で見つけた藻類らしいから、
海で頑張れば凄いことになるんじゃね?
2010.12.19 Sun 23:39 URL [ Edit ]
Posted by もりゃ
何食うのかとかはWikipediaとかで調べれば詳しく書いてある。

>オーランチオキトリウム(Aurantiochytrium)は無色ストラメノパイルであるラビリンチュラの一種。

>ラビリンチュラ類(Labyrinthulea)はストラメノパイルに含まれるアメーバ様生物

>ラビリンチュラ類は全て吸収や捕食を行う従属栄養性の生物群で、光合成は行わない。捕食は食作用によらない細胞外消化吸収であり、細菌類や真菌類、水棲の多細胞植物などを細胞表面で消化する。吸収した栄養分は細胞内に油滴として蓄積される。

だそうですよ。


∠UKHさん
>1haあたりの年間生産量は1000tを超えます。
>朝日新聞のネット記事では2万ヘクタールと報じていますが、どう考えても誤記。

これたぶん従来の藻は光合成で作るから1mのプールとかでは底の藻に光が届かないから、もっと浅いプールで「1haあたりの年間生産量140t」なのでは?
恐らくその深さが14cmくらいで、オーランチオキトリウムなら10倍の1400tになる(つまり1cmで100t)から1mの深さなら1万t生産できるという計算なのではないでしょうか?

オーランチオキトリウムは光合成しないから深くしても問題ないということなんでしょうが、単純に記事の数字を計算すると辻妻が合わないので、ちゃんと計算したら合うように記事書かないとダメだよね。

文系のやつが書く記事は、数字の辻妻があってなくても専門家が言うんだから間違いないんだろうと、責任を他人任せにしてロクに検証せずに記事書くから時々「んっ?」となるが、今回のはたぶんそういうカラクリなんではないかと俺はニラんでいます。
2011.03.15 Tue 04:57 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
>もりゃさん
なるほど・・・

自分の直感ばかり信じ込んでしまい、そういう可能性について考えていませんでした。

ご指摘ありがとうございます。
2011.03.28 Mon 23:12 URL [ Edit ]
Posted by
タカジンが
「津波でダメになった水田を使えばいい」
と言ってた。
2011.05.08 Sun 18:36 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/1088-192f6513

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。