mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.05.24 Mon
太鼓の絵本「ゾウとねずみ」
清瀬こども劇場・新座おやこ劇場・朝霞おやこ劇場の3劇場の合同例会
『太鼓の絵本「ゾウとねずみ」』を観に行きました。

かねがねずっと観たいと思っていた「太鼓と芝居のたまっ子座」!

感想なんぞをつらつらと。
それ違うとか、何を今更みたいな部分もあるだろうけど、
そこは個人の感想ということで、お見逃しを。






何というか。
太鼓って、バチで皮(という言い方が正式名称かどうか知らないけど)を叩く楽器なんですよね。
そういう風にして音を出すものだから、バチで皮を叩くことは、言わば決定事項みたいなもんだと思うのです。
どんな演奏であっても、バチで皮を叩くことは変わらない訳で(例外もあるかも知れんけど)。

これを逆に考えると、バチで皮を叩く以外のことは、決まってないんだなぁ、と。

こういう風に書くと、たまっ子座が特殊な叩き方をするような印象を与えそうだけど、
別に、奇想天外な叩き方をするわけではないのです。
でも、それが行儀悪く騒いでいた子供をおとなしくさせたり、
一緒に観ていた大人を感動させたりするって事は、
やっぱり何かあるのだと思います。


太鼓の音って、聞き分けが難しいと思うのですよ。
同じ太鼓を、別の人が、同じくらいの力で叩いても、
区別できる自信はありません。
もちろん、一つとして同じ音なんてないんだけど、
普通の耳で普通に聞いてるだけでは、やっぱり区別はなかなか難しい。



でも、さっき言った「バチで皮を叩く以外のこと」を絡めると、
容易に区別できるようになります。
それは、音という結果が出るまでの、過程が明らかになるからだと思います。

その音が、どのような過程を経て出た音なのかが分かると、
1つ1つの音が背景をもっている事に気づきました。

太鼓の音は、派手で、力強くて、印象深いものだけど、
見方によってはそれはただの結果でしかなく、
そこに至るまでの背景が合わさることで、感銘をうける事ができるのだと感じました。



で、今回の、太鼓の絵本「ゾウとねずみ」。
これは太鼓と芝居が合わさった舞台です。

このタイトルを聞いてまず浮かんだのは、「ゾウの時間 ネズミの時間」
ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)
(1992/08)
本川 達雄

商品詳細を見る


ゾウとネズミでは寿命の長さは違うけど、生涯に打つ心臓の鼓動の回数は、同じだという名著です。
もちろん、この話も舞台の中に出てきましたが、
メインはもっと可愛らしいお話です。

実際に観ていただくのが一番かと思いますので、
内容はここには書きませんが、印象的だったことを一つ。




「太鼓の絵本」と聞いて、なんだろうな~と思ったのですが、
鑑賞中、「なるほど!確かに絵本だ」と思うことが起きたのです。

近くに座っていた親子連れなんですが、小さい声で
幼児「あ、○○だ」
親「そうだねぇ。○○だねぇ」
というやりとりをしていました。

このやりとりって、絵本の読み聞かせに似ているなって思ったんです。
芝居は、ざっくり言うと「見立て」です。
普通はその「見立て」が台詞を言うので、それが何者なのか分かるのですが、
聞こえてくるのは太鼓の音なので、太鼓の音を聞きながら、目でみて想像力を働かせるしかありません。
で、子供ってそれが何を表してるか分かると、ついつい言っちゃうんですよね。

絵本も、自分から語りかけてくることない訳で。
誰かに読んでもらうか、自分で読むだけで、あとは絵をみて想像します。
絵の中のものを指さして、
「あ、○○だ」「そうだねぇ。○○だねぇ」
っていうやりとりは、珍しいものじゃありません。

もちろん、他の場面でも、同様のやりとりはあるはずですが、
この舞台の、物語のテンポや落ち着き感が、絵本と同質だなって事に、
そのやりとり耳にした途端に自分の中で一気に繋がっちゃって、
なるほど!と興奮してしまったのです。


まぁ物語メインの時はしっかり行儀良く観てたみたいだけど、
演奏メインになってくると飽きちゃって、足を前の座席に投げ出し「いつ終わるの~」とか言い始めてたんで、
幼児は本当に正直で残酷な観客だなぁとも思ったけど(^_^;)
大人の観客は大満足だったけどな!




そんなこんなで、とっても素敵な舞台でした。

その後、ねりま東の例会「青空にもほどがある」(ミラクル☆パッションズ)も観に行ったんだけど、
それは誰か他の人が感想書くだろうから、別にいいや(笑)

劇場    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by 大さん
俺も藤沢でみたよー

まぁちょっとばかしつかれてて途中寝てしまったが・・・

でもおもしろかったよ。
2010.05.25 Tue 09:50 URL [ Edit ]
こんばんは! Posted by モトム
感想ありがとう!
やっと本編というか本体というか、
太鼓と芝居のたまっ子座を観ていただけて、こちらもうれしいです。

ロビーを下見に行ってぞら君がいた時はびっくりしたけど、
おかげでテンション?モチベーション??はかなり上がりました!
(120%→125%)←よくわからんね。

また全児演の集まりの時に感想など聞きたいです。
機会があれば、別の作品でもお会いしましょう!!

2010.05.26 Wed 22:31 URL [ Edit ]
Posted by せがわたくみ
ミラクル関係で辿っていったらぞらさんにたどり着いた笑
意外とみなさん書いてくださらないんで実はちゃんとした感想あんまり聞けてないんですよー。
書いてくださいよー。
2010.05.31 Mon 02:51 URL [ Edit ]
Posted by ぞら
>大さん
面白いよね!
つくばでもとれないかな~

>モトム
コメントありがとう~
やっと本編?本体?を見れて良かったよ!
凄く楽しませて頂ました~

>たくみ
あんまり近すぎると書けないかもね。
2010.06.06 Sun 22:44 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kurumidaifuku.blog37.fc2.com/tb.php/1047-3bfd4afb

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。