mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2009.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010.02≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2010年01月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.28 Thu
淀工のグリー
大阪府立淀川工科高等学校グリークラブ。

この選曲はレベル高いぜ・・・


怒りのグルーヴ 童謡編 - 嘉門達夫



新五段活用 - 嘉門達夫



携帯哀歌 - 東京プリン



教師C - いんぐりもんぐり







ネタ曲でなく、その実力にきちんと酔いしれたいなら、こちらがお勧め。


ファイト! - 中島みゆき

スポンサーサイト

未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.20 Wed
ダイドーCMで英漢字
ダイドーのCMに、英漢字書家、國重知美が出てる!!

【「國重友美さん」篇 15秒 ナローバンド用


魂=soul
風=wind

を、確認。


でも、英漢字を知ってる人じゃないと、短すぎて分かんないんじゃないかな~


ご存じない方にご紹介。

アルファベットを使って、漢字を書いています。
しかも、書き順通りってのが素敵。


書道家・國重友美の作品集〈画像〉 - NAVER まとめ

夢、海、和


読み取れますか?




公式ブログも発見しました。
去年の7月から始めていたのね。


11月にご夫婦でダウンタウンDXに出たらしい。
知らなかった・・・

9月に新宿で個展をやるらしい。
観に行かねば!

ねた    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.17 Sun
ムダヅモ
「ムダヅモ無き改革」っていう麻雀ギャグマンガが、アニメ化するそうです。
TV放送じゃなくて、DVD発売らしいけど。

ムダヅモ無き改革 公式ホームページ


この内容では、ヤバすぎてTVで放送出来るわけがない・・・


キャラクター
小泉ジュンイチロー 世界屈指の強運を誇る元内閣総理大臣
タイゾー 伝説のニートの異名をとる元小泉チルドレン
ブッシュJr 「類人猿」大統領の異名をとる元アメリカ合衆国大統領
パパブッシュ 「テキサスの荒鷲」の異名をとる元アメリカ合衆国大統領
麻生タロー オタクと漫画をこよなく愛し、「スナイパー御曹司」の異名をとる元内閣総理大臣
ゆかりタン 「美しき女豹」の異名を持つ元小泉チルドレン


異名ばっかですね(^_^;)

はい、というわけで、どこかで聞いたような名前のキャラクターが、
沢山登場する麻雀漫画です。
でも、あんまり真剣にとらえずに観ることをお勧めします。

アニメ版の第1話が公式にアップされているので、ご紹介いたします。
いきなり血しぶきのあがるシーンもあるので、そういうのが苦手な方はお気をつけください。



注意
麻雀漫画です(けどルール知らなくても楽しめるはずです)
この作品はフィクションです。実在の人物とはかなり関係ありません

「ムダヅモ無き改革」 第1話「北」の巻(仮)





息子さんがミッ○ー耳をつけているとか、Jrがセグウェイで転ぶとか、
歴史がおかしく再現されていますね(^_^;)

国家間の諸問題が、武力を用いずゲームで解決されるのなら、
こんな平和なことはないのかもしれません。




原作版もあったので、載せておきます。
雑誌に掲載された時期を考えて読むのも面白いかも。


南海の劇戦(2006年3月)



テキサス電撃作戦(2006年6月)



大海に響くは勝利の凱歌 前編(2007年9月)



大海に響くは勝利の凱歌 後編(2007年10月)



襲来!!!バルチック艦隊 第1話(2008年3月)



襲来!!!バルチック艦隊 第2話(2008年4月)



襲来!!!バルチック艦隊 第3話(2008年5月)





続きは、単行本2巻、3巻で。

ねた    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.15 Fri
シベ少魂
わたしが見つめていたキミも、
あなたが見つめていたキミも。

「キミ☆コレ ~ワン・サイド・ラバーズ・トリビュート~」

 きっと誰もが誰かにとっての王子様
 気付かれることもなくいつかひっそりと消えていく私だけの小さなキン肉星

 そんなちょっぴり切ない片想いのカケラたちを集めてみました
 夢のようだと思いませんか

 言い出せなかったこの胸に秘めた想い
 間違いなく恋でもなんでもないわけだけれど
 それでもまだ、キミのことばかり気になっている







シベリア少女鉄道スピリッツの、キミ☆コレ、観てきました。

シベ少についてご存じない方は、こちらなどをご覧あれ。








もー、何て言うか。
凄まじすぎて感動しましたよ。
表現したくても、表現出来ない。
自分のコミュニケーション能力不足じゃなくて、あの芝居がぶっ飛びすぎてるんだ。


基本構造としては、20分くらいの”日常”を2回半繰り返すのですが、

複線が!

妄想力が!

もうたまりません。

全部逆算してやってるんだろうな~

極上の緻密さ。

でもそんなこと気にしなくても、かっなっりっ楽しめます!!



最後の方は全くのカオスでした。
なのに、ついて行けてしまった。
観客が置いてきぼり食らわなかった。
うろ覚えでも、なんとなくでも、理解出来てしまうのは、何故??


完全に、「どや」なんだけど・・・
普通「どや」って来られたら、「そうですか」位しか思わないし、殆ど感想はないのだけど、
こればっかりは、「参りました」というしかないよ。



あーーー、全然言い表せないや(^_^;)
ネタバレ言っても、面白さを1/10も伝えられない気がするわ。


1/17までは演ってるから、少しでも気になった人は是非!
損はしないはず!
新宿です!

未分類    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.14 Thu
箇条書きで振り返る第80回全児演総会
倍にする!!





・前泊!
・庄やで前祝い。
・つづら折りの坂は、エレベーター使うと早い。
・D棟は個室。ビジネスホテル並。
・ぞら部屋集合。
・牛丼とか年賀はがきとか。
・けーたが忘れたカバンを庄やに取りに行く。
・お休み。

・1日目!
・劇場Tシャツ(TSUKUBA)を着ていく。
・朝起きて、朝食ビュッフェを 摂りすぎる。
・緊張し通し。
・スタッフ集合。
・会場設営。
・リハーサル。
・舞台に立つと、案外緊張しなかった。
・気合いを入れて、オー!
・お昼休み。
・朝食べ過ぎと緊張で、飯食えない。
・ぼちぼち集まり始め。
・東海青年、関西青年との再会。
・ゆうとに参加費貸す代わりに、さまぁ~ずライブのDVD借りる。
・開始!
・白浪7ブロック。
・2人目、「そろいもそろった粒ぞろい!」
・その後、九州ブロックの即興のお手伝い。
・温泉でまとめて、「来年みんなをまっとるバイ!」
・みんな即興の割には上手い!流石!
・関西は、いい女いい男ぞろいのスター集団。
・中四国は美味しいものだらけ。
・関東は都県いろいろ。
・その勢いで、記念講演。
・始めのつかみから、先ほどの即興を生かしつつ。
・ともかく話がうまくて面白い。あっちこっち余談は飛ぶけど、ちょいちょいためになる。
・シャッター街が増えるのは何故?
・減る自営業、増える大学、変わらない新卒採用。
・アウグスティヌスは、独身税で少子化脱却。
・キャッチボールは愛情。
・女子大生にケータイを切らせるには。
・頑張れば120までは生きられる。
・一生成長しつけるものと段々衰えていくものがある。
・子どもはおとぎ話の世界に生きている。
・3歳までの子どもは記憶力がない。
・休憩を挟んで、関東メンバーの発言。
・トップバッターは、なにぬの屋のやこさん。
・何!?布やん!!
・へたれよめご。

・なぜ布?なぜ外?子どもも大人も?
・アフタフバーバンの、しみちゃん、けーた、きょんちゃん。
・手拍子の取りづらい歌。
・仲間作り。 血液型、干支。
・干支披露。 羊は迫力があった。
・それぞれの語り。
・でも、時間は大丈夫?(^_^;)
・風の子の、まりさん。
・オーディションでやった、いつだって今だもん(谷川俊太郎)。
・それから10年たった自分語り。
・たまっこ座の、モトム、コウ。
・「遊び」という曲を、披露。スーツで。
・コウ→モトムの順で、この世界に入った理由や生い立ちなどを語る。
・「骨」という曲を、披露。スーツで。
・自分の出番です。
・劇場暦、小学生時代から中高生時代について。
・青年になって、最近また例会が面白い。
・自分が楽しい思いをした分、今の子どもたちにも楽しい思いをして欲しい。
・そんな感じ。また、不思議と緊張しませんでした。
・朗の瞬。
・ごめん、自分の肩の荷が下りて、正直あんまり覚えてない(^_^;)
・ただ、自分の言葉で語ってるのは分かった。
・若干いきあたりばったりっぽかったけど、それもまた良し!
・横山企画、おんちゃん。
・自分の紹介と、宮城弁の語り。
・全児演賞の発表。
・終了。
・全体交流会に向けての準備!!
・ひとみ座の中村さん到着。
・カフェフレンズを大改造。
・会場設営。立食パーティー形式です。
・受け付け開始!
・倍にしたいことを書いて、名札の裏に貼ってくださいね~
・人多すぎ(^_^;)
・オペレッタ劇団ともしびの乾杯の歌。豪華。
・ヘイ!だけ参加。
・人の皿からばっか取って食う。
・各ブロック紹介は、スペシャル司会、はてな王子!!
・ここから、ひとみ座中村さんが操る人形が司会。
・人形が、生の人間と対話をして、違和感がない上、やりとりが面白い!
・さて、最初は関東ブロック。
・ノープランで突入(笑)
・倍にしたいことを紹介。
・捌けるときに、ボードに倍にしたいことを貼っていきます。
・冒頭の写真はこうしてできあがりました。
・北海道は、1人の参加ながら、想いを語ってくれました。
・東北は、歌にのせて。「それぞ~れ違う~ それぞ~れ違う~♪」
・東海は、全児演っていいな♪。 「ぜん、ぜん、全児演が 倍!倍!倍!!♪」
・関西は、ゲキ☆劇の紹介とか。
・中四国、九州は、近況報告中心。
・最後に、劇場人を1人1人自己紹介。
・僕、トリですか・・・
・まぁなんとかまとめつつ。
・その後もいろいろ。
・最後に、中村さん、お疲れ様でした!感動しました!
・泊まる部屋に荷物を置き。
・集団で若干迷子・・・D棟6階の談話室ってどこよ?
・なんとか合流。
・語らい語らい。
・マジトーク楽しいわ~。
・ゲンちゃんと養老天命反転地ツアーを相談。3月頃に行けそう。
・元劇場人の劇団員って、けっこういるのね。
・主に東海の人と話してたかな。
・たぁ坊は、褒められると否定してくる。
・お休み~

・2日目!
・劇場Tシャツ(日本列島)を着ていく。
・あつしと朝飯。
・まるこ、かなちゃん到着。
・分散会です。
・なんか、会議っぽい→とりあえず机をどかす。
・自己紹介(5分程度)。
・さらに、気になった点とか、質問受け付け。
・こんな形式でやったら3時間たっちゃいました(^_^;)
・いろいろ心に残った話もあったけど、敢えてここでは書きません。
・分散会まとめ会。他の部屋では、もっと突っ込んだ話もしていたみたいです。
・来年、みんなで相乗りして九州に乗り込む計画は面白い。
・でも、その発端は、僕とかが去年下関までアルファードで行ったことらしい。
・総会議事。
・O夫人児童青少年演劇賞。
・終了。
・コンビニで買いだし。
・2月、栃木県で雪合戦の大会に出よう!
・有志の青年交流会。
・まずは自己紹介。
・好きな色で分かれる。
・青!!
・嫌いな食べ物で分かれる。
・コリアンダーは1人(^_^;)
・揚げたてコロッケのサクサクが嫌いっていうのは理解出来ない。
・途中でルールがどんどん変わるよ!
・休憩。
・名前を言い合って歩く。
・自分の名前バージョン、相手の名前バージョン。
・ゾンビ。
・3人一組のチームプレー。
・見上げてごらん、1,2,3!
・ただじゅんとペア。 感動するね、これ。
・手つなぎ。手の形を覚えます。
・目をつぶって、自分のパートナーを探せるか!!?
・分かるもんだね~。
・20分かかりました。
・交流会はこんなもんかな。
・それぞれの帰路。
・ただじゅん、やっこ、けーた、まるこ、ゆうと、ぞらで、ちょっと1杯。
・結構話し込む。2時間くらい?
・お疲れ様でした。


長かった~!
1週間ぐらいあった気がした。
1日目の全体交流会が終わってからは、かなり気が抜けてました(^_^;)
ドタバタだったし、準備不足もあったけど、僕自身とっても良い交流が出来ました。
自分たちのやりたいことが参加者に伝わって、参加者みんなに助けられたおかげで、
無事成功を納めたのだと思います。

物足りない人もいたかもしれないけど、その気持ちを前向きなエネルギーに変えて、
是非是非自分で動いてみて欲しいです。

それでは、総会が終わっても、語り続けましょう!

劇場    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.12 Tue
第80回全児演総会in関東
おさらい。

全児演とは

全国児童・青少年演劇協議会(略称:全児演)は、児童・青少年演劇に携わる劇団・個人(プロ・アマチュアとも)演劇教育に取り組む教師などを中心に
・現代を的確にとらえ、こどもたちが未来をつくる糧となるべき演劇を創造する
・地域に根ざして、活動の向上につとめ、児童・青少年演劇を国民のものにすると ともに海外との交渉を密にして、国際的な児童・青少年演劇運動に貢献する
・人類の進歩をはばむものには、勇気をもって闘い、それぞれの持ち味を生かしながら、手をたずさえて運動をすすめ、平和で豊かな未来を築く
を基本理念として、1960年に大阪で生れました。




第80回全児演総会が終わりました。


こんなとき、いつものblogでは箇条書きで振り返るところだけど、
ちょっと書きたいことがあるので、箇条書きは後回し(笑)





前々日会議
前々日会議





自分にとっての始まりは、去年の関西総会に参加したことです。
ちょうど1年前の2009/1/12にblogを書いているけど、
当時はこんな人達もいるんだな~くらいのとらえ方で、
まさか自分は1年後の総会のコアメンバーになるとは思いもよらず、
せいぜい当日はお手伝いします的な立場での参加になると思っていました。

ところが、参加者150人を前にして、自分と児童演劇について発言したり、
夜の全体交流会(立食パーティー)を企画・運営したりと、
すっかり自分も実行委員的な立場での参加となってしまいました。


それは、前回の総会の終了間際に、
関東ブロックの集まりがあるよと誘ってもらったことがキッカケでした。


そこから、予定が合えば必ず集まりに出て、いろんな語らいをしてきました。
石川火祭りからの帰りに参加という無茶をやったこともあります(笑)
集まりは、飲み屋(兼飲み会)や、各劇団の事務所(兼稽古場見学)で行われ、
ほぼ1ヶ月に1回以上は集まっていたように思います。


最初のうちは、全くのお客さん気分での参加でした。
いや、最初というより、つい数ヶ月前までそうだったかもしれません。
全児演は殆ど劇団の集まりですし、なにより僕は全児演に加盟していませんでした。
ちょっとしたアウェー感で、話を聞く事の方が多く、
「自分はこの人たちと違う」という意識がありました。


語らいは、毎回の参加したメンバーによって異なりました。
自分のこと、児童演劇のこと、子どものこと、そして今の現状について。
いろんな話があって、いろんなテーマがあったけど、
どことなくみんなつながっていました。

そんな中で、「倍にする」という言葉が出たのは、9月頃だったと思います。
ある人がポロっといったその言葉。
流されても不思議じゃないようなその言葉が、
他の人に「それ、面白いね」と拾われ、
あれよあれよという間に総会のテーマが決まりました。

この頃は、具体的には何も決まらず、でもやりたいことは共有出来ていたと思います。
枠組みが決まったのが11月。
内容が決まっていったのが12月。
詳細が決まったのは、たぶん当日の朝です。
実行委員会発足も無く、ましてや実行委員長もいませんでした。
僕自身、いろんな交流会に関わってきましたが、
こんな決め方で交流会を作ったのは、初めての経験でした。

11月に、まだ受動的だった僕も背中を押され、
当日、参加者の前で発言することになりました。
正直、不安と緊張がいっぱいでした。
当日の出番直前までは。

凄く不思議だったんですけど、
緊張しやすい自分が、リハでも本番でも全く緊張しないで、
人前でしゃべることが出来ました。

しゃべった内容は、自分と児童演劇について。
でもこれって結局、自分の言葉で自分について語っただけなんです。
今までの集まりで、やってきたこと・言ってきたことを、
そのまま場所を変えて舞台の上で発言しただけで、
何を話そうか事前に殆ど考えずに、
あらかたの枠にそって心からわき出す言葉をつなげて話しただけなんです。


これが出来たのも、今までさんざん集まりに顔を出して、
みんなの語りを聞いたり自ら語ってきたからに他ならないと思います。
はじめの頃のアウェー感は、いつしか落ち着いた安心感に変わっていました。




総会本番。


今までの関東ブロックの集まり。

前泊して話したこと。

白浪7ブロックが上手くいったこと。

記念講演で、聞いたお話。

何を発言しようかと、考えたこと。

全体交流会で感じたこと。

夜の自主的交流会で語ったこと。

分散会とそのまとめ。


それが、今まで自分がやってきたことと、全て繋がった気がして、
ようやく僕も全児演へ加盟を申し込むことが出来ました(遅!)。



その後の有志の交流会。

そしてそのタイミングで偶然かかってきた、下関のキー坊からの電話。

会場を後にして、残ったメンバーで話したこと。



これで確信しました。
自分が青年活動でやってきたことと、全児演の理念は、
違うように見えて、実は重なっていることを。


今回の全児演総会が、自分の中で本当に「成功」と言えるのか。
それを確かめるべく、今後行動していきたいと思います。

関東ブロックの皆さん、参加してくれた皆さん。
本当にありがとうございました。
お疲れ様でした。

劇場    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.11 Mon
2010年賀~解答編~
なんだかよく分からないという苦情(?)を受けたので、解答編。


2010

こちらが元の画像。
いろんなフォントを使って、「2」「0」「1」「0」と書いてあります。


2010回転

回転して、背景の四角がまっすぐになるようにします。
10の部分が上です。


2010反転

左右反転します。



すると、今年の干支である、






になるというだけの話。

年賀状をお送りした方は、宛先が書かれた面から透かして見てみて!

ねた    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2010.01.04 Mon
2010年賀
2010


今年の年賀状のネタです。


参考:らいねんがじょう 2009/11/12

1分以内で気づけたら、なかなかの想像力の持ち主かと思います。
っていうか、紙の年賀状じゃないとわかりにくいかも。




あ、あけましておめでとうございます。

今年もよろしく。

未分類    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。