mixi | 劇場 | 未分類 | ねた | おでかけ | ことば | TV・芸音 | 診断とか | ダイビング | むしまるQ | 
blogりーだー
blogram

blogram投票ボタン
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
blogリンク
QRコード
QRコード
∠UKH
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫

my きゅーてぃくる

  お名前:ぞら

 いつも斜め上から
 観てるから、
 自分のことでも
 結構他人事。

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
「TV・芸音 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.09.10 Sat
高校生クイズ2011
見たよ~

いやー凄いね。
早押しは、もはや試合って感じだった。
格闘技的な演出は嫌いじゃないw

「/」で読まれたところ区切り、先の問題文を訪ねるのは、凄さが分かりやすかったんじゃないかな。
いくつか会心の押しも見られたし。
イントネーションを聞き分ける技術とかも、そのうち紹介されるんじゃないか?w


ただ、全般的に書き問題中心だったのは、なんだかスタジオでやる意味なくね?って思った。
学歴や受験の強さがクイズの強さじゃないし、お勉強の枠組みを出ない問題選定も、ちと偏ってるなぁと。

もっと俗っぽい問題とか出ればいいのに!
イントロやろーぜイントロ。

しっかしこの知的格闘技が、もっと一般的に観戦出来るようになったら面白いのになぁ~
とか思ったり。
スポンサーサイト

TV・芸音    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.12.12 Sun
M-1の終わり
M-1グランプリが今年で終了! 紳助「漫才へ恩返しできた」と発展的解消 - ORICON STYLE


10年、一つの区切りとしてふさわしいのではないでしょうか。
潮時としては申し分のないタイミング。
今終わることで、このイベントは伝説になれるのだと思います。

というか、ここ数年は勢いもなくなってきたし、
ネタの質も落ちてきたような気がしたし、

(あーすっごい後出しチックな言動。)

僕の中で優勝「今田耕司」ってなるような年もあったし、
誰でもみるような番組になってしまったのが、
変に格調が高くなっちまったのが、
気にくわなかったかも。

(この辺はすべらない話にも共通。)


数ある年末スペシャル番組のひとつではなく、
なんだか恒例行事みたいになっちゃって、
ていう。


まあ、M-1で初めてネタをみて、
その面白さに触れた芸人さんもいるし、
今年も良く知らないコンビが決勝に残っているから、
どんな結果になるのか、すごく楽しみにしています。



とりあえず、ハライチを応援したい。

(たぶん、ネタの形はマンネリだけど。)

TV・芸音    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.09.04 Sat
クイズは発想力
高校生クイズを観ました。
3年降りかな~

なんか、学力=クイズの実力になってるけどw
問題のジャンルが、いかにもお勉強って感じで、
俗っぽい問題が全然なかったな~


でも、お勉強的なジャンルと言えど、
クイズに出る知識って、実は限られているから、
東大生の正解率はあまり関係がなさそうって思った。


それにしても、高校生は指が早い!
問題文を理解し、何を問われているのか想像し、
正解となる言葉を絞り込み、早押しボタンを押す。
押せば出題者は問題文を読むのを止めるけど、
人間すぐには口が止まらないから、
その数文字もヒントにして、解答する・・・

知識を溜め込むより、ボタンを早く押すことの方が
よっぽど難しいと思ふ。
クイズは知識だけじゃ勝てないんだよ!
知識が勝つ確率を上げるのは確かだけど。

なにより、ただ難しけりゃいいってもんでもないしな~
回答者がいてこその競技だし。



野球で例えれば、知識の量が多いのはホームラン合戦。
でも、ホームランだけで勝てるとは限らないし、
そういう試合が面白いとも限らないって感じかな。



助詞が一文字違うだけでも、正解の絞り込みに大きく影響するんだけど、
そんなマニアックな解説が聞けたら面白いのにw

問題文がどう変化していくのを追うのは、
変化球の配球を解析するのに似ていると思う。



あぁ~クイズを久々にやりたくなったなぁ。



久々に企画もやってみたい。
第6回宙杯。

その前に第5回のまとめを作り上げたいけど。



もし、次に企画をやる時は、
第一問目はもう決まってますw

今までのクイズの常識、前提、価値観を覆すような1問、
っていったら大げさかも知れないけど。
っつーかクイズの範疇に入らないかも知れないけどw

TV・芸音    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2010.05.15 Sat
石原刑事!
TRICKが10周年ということで、制作されたスピンオフ、

「警部補 矢部謙三」


TRICK好きだったし、
サラNEOでも一緒に出演している生瀬勝久と池田鉄洋(イケテツ)のコンビだし、
毎週見てたんだけど、昨日で最終回でした。
全6回なんて短!



でも最後の最後で、伝説の部下が!


第九取調室、通称「取九」(とりく)という、番宣的ミニドラマがあり、
イケテツと脇役達が毎回絡んでいたのですが、
なんと、初代部下の石原達也が登場しました。


http://www.youtube.com/watch?v=Fpmda3e-sbc



劇中では、希望赴任先の広島へ異動したとされる石原刑事、
実は演ずる前原一輝の俳優引退により、2度と出演することはないと思われていました。
ギンガマンのギンガレッドと言われてピンと来る人もいるのかな?
引退して7年経ちますが、ファンの中でも人気の高いキャラクターでした。



そして今回の出演。
ブランクを感じさせない、まさに本物の石原!
動き、顔の表情、言葉遣い、どれをとっても石原でした。



10周年ということで、特別に出演したため、
今後のレギュラー化や復活(そもそもTRICK自体の復活も怪しい)は
あり得ないと思いますが、
それでも、その姿をもう一度見ることができて、
すごく嬉しかったです。

TV・芸音    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2009.09.14 Mon
LOSTとCOSTの読み違い
サラNEOの「コントを読む」が面白かった。

説明しなければ分らないギャグほどつまらないものはないけれど、
そこに隠されたパロディがなぁ~
手が込んでいればいるほど、「COST」でしか無かったわけだ。
LOSTを観てないと、元ネタが分らない。それ以上でもそれ以下でもないね。

あえての自己パロディで、視聴者的には溜飲が下がった感があるだろうし、
制作者がつぎ込んだ労力も、少しは報われるってもんです。
沢村氏、老後の楽しみっすかww


もちろん、この記事も、サラNEO観てないと分りませんけど(気にしない)。

TV・芸音    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.04.05 Sun
ルパンコナン
今更だけど、撮っておいたのを見ました。
周りが言ってたとおり、意外と面白かったです。

ルパンの世界のレギュラーキャラは、一芸に秀でたキャラが多いけど、
コナンの世界では、コナンだけが優れているからなぁ。
灰原は準レギュラー、服部やキッドは準レギュラーだし。
そういった意味で、見せ場的にはルパン側が目立っていたと思います。
ただ、蘭・おっちゃん・園子のうち誰が欠けても物語が動かないので、
一応両方に配慮はされていたかなぁ、と。

五ェ門の見せ場が少なかったなぁ。
銭形の薬物耐性には笑ってしまった。
コナンくんはスケボーとかジェット機とか普段以上に頑張りすぎだと思いました。
そしてルパンは一体いくつなんだよ(笑)



個人的には、「モホロビチッチ不連続面」に反応してしまう辺りが、悲しい性だと思いました。

TV・芸音    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2009.03.19 Thu
オンバト
トータルテンボスおめでとう。

タイムマシーン3号を応援してたんだけど、惜しかったなぁ・・・


来年度からは、月1で60分?
トライアウトと、本戦に分かれる訳か。
イロモネアや平教みたい。

TV・芸音    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。